根拠等 労働安全衛生法第14条、同施行令第6条第6号、労働安全衛生規則第79条及び第129条、同則別表第6
対象作業等 木材加工用機械(丸のこ盤、帯のこ盤、かんな盤、面取り盤及びルーターに限るものとし、携帯用のものを除く。)を5台以上(当該機械のうちに自動送材車式帯のこ盤が含まれている場合には、3台以上)有する事業場において行う当該機械による作業については、木材加工用機械作業主任者技能講習を修了した者のうちから木材加工用機械作業主任者を選任し、作業の指揮その他定められた事項を行わせなければなりません。
受講資格
  1. 木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する者
  2. その他厚生労働大臣が定める者
註)
その他厚生労働大臣が定める者は、木材加工用機械作業主任者技能講習規程第1条に定められています。
講習科目等
  1. 作業に係る機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識(6時間)
  2. 作業に係る機械、その安全装置等の保守点検に関する知識(2時間)
  3. 作業の方法に関する知識(5時間)
  4. 関係法令(2時間)
  5. 修了試験(1時間)
全科目の所定時間を修了し、かつ修了試験に合格した方に修了証が交付されます。
開催日程等 開催日程・受付等の詳細及び申込書はこちらから
ページ上部の留意事項もご覧ください。

(一社)埼玉労働基準協会連合会

〒338-0011
さいたま市中央区新中里1-3-3 埼大通りメディカルビル2F

TEL 048-822-3466
FAX 048-832-0351